四谷の予備校で科目選択する時のポイント

医学部を志望している場合は、理科三科目をすべて受講することがポイント

四谷の予備校に通うのであれば、科目選択をきちんと行うことが大切 : 医学部を志望している場合は、理科三科目をすべて受講することがポイント : しっかりと科目を選んで合格につなげましょう

数学も選択することがポイントになります。
国公立文系ではセンター試験で数学の得点に差がつくことが多いので、予備校でしっかり学ぶことが有効です。
地歴公民は併願校の選択肢を増やせるような科目を選ぶことがポイントになります。
国公立理系の場合、センター試験が重視されるので文系科目が苦手であっても、予備校で選択するようにしましょう。
それによって全科目でバランスよく得点することができるようになるからです。
現代文や古文、地歴公民などの文系科目が苦手でも科目を選択することが大切です。
医学部を志望している場合は、物理・化学・生物の理科三科目をすべて受講することがポイントになります。
受験科目としては、理科三科目のうち二科目を受験することが多いですが、最近の医学部受験では三科目を課す場合が多いので、理科三科目をしっかりと勉強しておくようにしましょう。
工学系の学部を志望する場合は物理、医学部や歯学部、薬学部や看護学部を受験する場合は生物を選択するのが有効です。
これらの科目をとっておかないと、入学してからの勉強が大変になる場合があるからです。
私立文系の場合は、希望する学部によって選択する科目のポイントが異なります。
経済・経営系や心理系、情報系の学部を受験するのであれば、数学を選択することも有効であるといえます。

予備校市進予備校|現役高校生のための予備校・塾|大学受験・定期テスト対策